芸術文化観光専門職大学

WEBオープンキャンパス2024

webopencampus2024

ご自宅から、パソコンやスマートフォンを使って気軽に大学紹介や模擬授業、実習風景を視聴できます。
WEBオープンキャンパスは「登録制」で行います。
動画視聴には、登録サイト(本ページ下部のリンク)より、個別に登録が必要です。

 

 

開催日時

令和6年6月7日(金)9:00~令和6年6月30日(日)23:59

 


 

プログラム

①大学説明 平田 オリザ 学長
「芸術文化観光専門職大学の紹介」

②講義1(芸術文化系) 井原 麗奈 講師
「アートマネジメントって何?」

③講義2(観光系) 野津 直樹 講師
「豊岡演劇祭から考える 芸術文化と観光の架け橋」

④PAP(CATパフォーミングアーツプロジェクト)紹介

当プロジェクトは芸術舞台実習(A~D)の⼀環として⾏うもので、履修する学⽣は俳優、制作、舞台技術などの各役割に分かれ、準備から実際の上演まで主体的に取り組みます。多彩なジャンルから第⼀線で活躍する作家・演出家・振付家などを招へいし、本学教員の指導も重ね合わせることで、舞台芸術に関する今⽇的技法や知識等の習得、実践学習の充実を図ります。

■第3回公演作品『詩の朗読』
『詩の朗読』は1994年に京都のダンスカンパニー、モノクローム・サーカスとして、⼭下残が演出・振付を担当した作品である。国内での舞台芸術祭がまだ各地で⾛り出す前の頃、芸術祭典・京というフェスティバルにて新作上演されました。詩の朗読会をするように空間を開き、個性ある⾝体がオブジェとしての本を持ち寄り、個別な声で好きな本を紹介して集まれば、舞台芸術としてのダンスが⽴ち上がるのではないかと試みました。2022年、芸術⽂化観光専⾨職⼤学にて再クリエーションしたものです。

動画1:メーキング動画  動画2:全編

 

⑤TYT(TAJIMA YOUTH THEATER)紹介

芸術舞台実習(A~D)の⼀環として⾏うもので、履修する学⽣は俳優、制作、舞台技術などの各役割に分かれ、準備から実際の上演まで主体的に取り組みます。当プロジェクトは但馬地域のユース層が舞台芸術に触れる機会を生み出す場として企画したものです。

【あらすじ】

高校。表現選択科目「演劇」の授業時間帯。
「演劇」の授業を選択した生徒たちは、一癖も二癖もある問題児。
自称演劇人の非常勤講師によるやる気のない授業は、不良の巣窟と化す。
一方で、無気力と惰性の時間の連続は、彼女たちの絆を深めていった。
しかし、ある時、その授業を研究授業として発表しなくてはならなくなる。
先生の提案に、全員で『走れメロス』を題材にした芝居を作ることになが…
不良×太宰×演劇。
演劇の神様は、きっと彼女たちを素敵なところに導いてくれるに違いない。

動画1:全編


登録

6月7日9:00-
6月30日まで公開
WEBオープンキャンパス2024
大学紹介、模擬授業を限定公開します。
注意事項

参加の申し込みには株式会社フロムページのオープンキャンパスシステム「OCANs」を利用します。上記受付期間中に以下の手順で申し込みを行ってください。ご参加を希望される個人ごとでの申し込みをお願いいたします。

①「OCANs」にて、以下の手順でお申込みください。

プログラムの選択 ⇒ メールアドレスの確認(認証コード発行) ⇒ 参加者情報入力 ⇒ 最終確認 ⇒ 申込完了 ⇒ 確認メールの受信 ⇒マイページ(登録内容の確認、受講証発行など)

②登録後、登録完了のお知らせをするメールが届きます。メールに記載のURLより「マイページ」にログインし、登録が完了していることを確認してください。

  • メールアドレスに届く認証コードを登録しないと先に進めませんのでご注意ください。
  • キャンセルは「マイページ」より行うことができます。ドメイン指定受信をしている場合、「@ocans.jp」からのメールが受信できるように事前に設定を行ってください。メールが届かない場合は、申し込みサイトへアクセスし、右上の「マイページはこちらから」よりログインの上ご確認ください。
  • 登録時に設定したメールアドレスとパスワードは必ず控えてください。パスワードを忘れた場合は、ログイン画面の「パスワードを忘れた方」よりパスワードの再発行を行ってください。

 

受験生の方
資料請求
お問い合わせ