loading
読み込み中...

学内ポータル(学内のみ接続可)

教員紹介

大社 充

教授

大社 充

(OKOSO MITSURU)

1961年宝塚市生まれ。
1985年京都大学卒。アメリカンフットボール部QBとして京大初の全国制覇に貢献「年間最優秀選手賞」受賞。「旅」と「学び」を融合させたエルダーホステル協会創設に参画。世界約30か国、国内100以上の地域でインバウンド&アウトバウンドのプログラムを企画。2007年、日米元兵士による親善野球試合をハワイで開催。2011年「DMO推進機構」設立、2014年より政府委員としてDMO政策を主導。京都大学経営管理大学院「デスティネーションマネジメント論」を担当、観光地域経営の研究と観光庁と連携したDMO形成・確立の支援を行う。

【委員など】
○2009-2010国土交通省「成長戦略会議」
○2013経済産業省「産業構造審議会」
〇2014-2019内閣官房「まち・ひと・しごと創生会議」

【著書】
○調査報告書『主要四カ国の文化政策と芸術文化支援』企業メセナ協議会(2002)
○『体験交流型ツーリズムの手法』学芸出版(2008)
○『奇跡のプレイボール~元兵士たちの日米野球~』金の星社(2009)
 (第59回全国青少年読書感想文コンクール中学生の部「課題図書」)
○『地域プラットフォームによる観光まちづくり』学芸出版社(2013)
 (第36回交通図書賞「奨励賞」)
○『DMO入門』事業構想大学院大学出版部(2018)
 (第13回観光研究学会「観光著作賞」)

主な担当科目

観光事業概論、デスティネーションマネジメント論、デスティネーション実習、芸術文化・観光プロジェクト実習、観光プロジェクト立案演習

専門分野

デスティネーション・マネジメント、DMO、観光まちづくり、体験交流型ツーリズム

UP