loading
読み込み中...

学内ポータル(学内のみ接続可)

教員紹介

児玉 北斗

講師

児玉 北斗

(KODAMA HOKUTO)

 私はダンスを主に「振付」という観点から研究することで、人を動かし・動かされることをめぐる問題を考えています。
 みなさんも毎日のようにテレビやSNSでダンスの動画を目にするのではないでしょうか。人が身体を動かすことで画面が躍動的になり、とても魅力ある映像になりますが、そもそもなぜ私達はダンスをしたり、見たりすることに魅力を感じるのでしょうか?歴史や哲学など、色々な学問の知見を取り入れて考えると、ダンスの魅力の背景には自由と不自由の葛藤や、動かし・動かされることをめぐる複雑な力の関係性が見えてきます。

 演劇や観光とも深く関わる「身体」そして「他者」との向き合い方を深めるために、私はダンスを通して色々なことを考えられるような時間を作りたいと思っています。また、実際に身体を動かし・動かされることで、初めて理解できることがあります。勉強だけでは得られない実践的な経験と、文献や映像などを参照した論理的な議論を組み合わせて、身体の動きから生まれる喜びや困難について、一緒に考えていきましょう。

主な担当科目

パフォーミングアーツ概論、身体コミュニケーション実習、ダンスワークショップ実習、舞台芸術基礎実習、舞台芸術実習、身体表現論、舞台芸術論

専門分野

振付(コレオグラフィー)、ダンス研究、舞踊美学

UP