loading
読み込み中...

学内ポータル(学内のみ接続可)

教員紹介

直井 岳人

教授

直井 岳人

(NAOI TAKETO)

私は若いころはバックパックを背負って旅行をするのが大好きで、旅行好きが高じてイギリスに留学し、大学院で、当時まだ日本では学問分野としてあまり認識されていなかった観光研究を専攻しました。
日本に帰って他の人と比較されにくいことがやりたかったことと、「人生のついで」の観光の存在意義を追求したいと考えたからです。
観光は、普段は別々に生きる人と場所の一時的な相互関係です。観光は、観光者に新たな視点や楽しい経験を、観光地には利益と新たな価値をもたらす可能性を秘めています。
ただ、訪問客と観光地の間の様々なギャップゆえに、観光は観光地に、混雑やストレスなどの悪影響を与えることもあり、それは巡り巡って訪問客の経験にも悪影響を及ぼします。ですので、観光では、訪問客と観光地の適切なマッチングがとても重要です。私は、現在、観光地の環境要因が訪問客の印象や欲求などの心理的要因に与える影響に関して研究しています。人の人生に刺激を与え、観光地に元気を与えられるような人と場所の出会いを実現できる観光を、「人生の寄り道」に価値を見出す、異質性に前向きな関心を示すことができる若い皆さんと一緒に考えたいと思っています。

主な担当科目

観光産業マーケティング論、観光マーケティング分析論、デスティネーションマーケティング論、旅行者心理学、観光キャリア英語

専門分野

観光研究、観光者心理、観光地評価

UP