loading
読み込み中...

学内ポータル(学内のみ接続可)

教員紹介

飛田 勘文

助教

飛田 勘文

(HIDA NORIFUMI)

主な担当科目

演劇教育入門、演劇教育論、パフォーミングキャリア英語、芸術文化・観光プロジェクト実習、舞台芸術基礎実習、舞台芸術実習、海外実習

専門分野

児童演劇、演劇教育、応用演劇、英語教育、英米文学、創造性教育、子どもの貧困、社会的包摂、多文化共生教育

経歴・資格

青山学院大学、桜美林大学、清泉女子大学、東京女子大学、桐朋学園芸術短期大学非常勤講師、早稲田大学坪内博士記念演劇博物館助教を経て、現職。

学位
学士(文学)
(玉川大学文学部芸術学科演劇舞踊コース)
Diploma in Language and Contemporary Culture
(Goldsmiths College, University of London, U.K.)
M.F.A. in Theatre Directing
(East 15 Acting School, University of Essex, U.K.)
Ph.D. in Arts Education
(University of Warwick, U.K.)

学生へのメッセージ

 2004年にイギリスへ渡り、10年間ほど現地の大学や劇団で児童演劇や演劇教育、応用演劇についての知識や技術を深めました。帰国後は日本の大学や教育機関、劇場でそうした分野の指導を行いつつ、海外の児童演劇の戯曲を翻訳したり、障がいを持つ児童を対象とした参加型演劇の演出を手がけたり、社会的包摂や多文化共生をテーマとする演劇ワークショップを実施したり、演劇を導入した日本語・英語教育、コミュニケーション教育、異文化間教育、開発教育、多文化共生教育などの教材開発や教員研修に協力しています。
 私の恩師であるウォーリック大学のジョナサン・ニーランズ教授は、「ドラマ自体は何もしない。あなたがドラマを活用して何をするかが大事だ(Drama itself does nothing. What you do with drama is important)」と論じていますが、児童演劇や演劇教育、応用演劇にはたくさんの可能性があります。本専門職大学で、私は但馬の皆さん、そして学生の皆さんとともに、その可能性をとことん追求していきたいと考えています。よろしくお願いします。



researchmap(飛田勘文)

研究テーマ

1. 児童演劇の実践、研究
・乳幼児、児童、青少年の観客を対象とする、プロの俳優による演劇作品の創作
・若者が自分たちを取り巻く問題(いじめ、SNS、交通事故、防犯、防災、喫煙、薬物、自死)について考え、理解を深めるためのシアター・イン・エデュケーションプログラム(リソースパック、ワークショップ、演劇公演)の開発

2. 演劇教育の実践、研究
・IB TheatreやCambridge IGCSE Dramaに基づく、教科としての演劇の指導
・国語、社会、道徳、英語、探究などの教科の内容を深く学習するためのアクティブ・ラーニングやクリエイティブ・ラーニングの実践

3. 応用演劇の実践、研究
・Drama Education、Theatre-in-Education、Theatre of the Oppressed、Theatre for Development、Prison Theatre、Museum Theatre、Reminiscence Theatre、 Ethnotheatreなど、海外の応用演劇の調査
・子どもの貧困、障がい者、LGBTQ+、在住外国人に対する理解を深め、解決を図るための演劇活動の実践

4. 英語・英米文学教育の実践、研究
・演劇による英語の指導
・シェイクスピアの戯曲をはじめとする英米の文学作品の指導

主な業績・受賞歴など

研究:
著作 …
『コドモノミライ ― 現代演劇とこどもたち ― 』
  編著, 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館, 2019
『小学校英語への専門的アプローチ ― ことばの世界を拓く』
  共著, 春風社, 2019
『多文化共生 人が変わる、社会を変える』
  共著, 凡人社, 2018
『Theatre, Performance and Change』
  共著, Palgrave-MacMillan, 2017

論文 …
「国際理解教育および国際教育における演劇活動」
  清泉女子大学人文科学研究所紀要 (42), pp.138-116, 2021.
「自閉症の若者のためのシェイクスピア劇 ー その創作方法と可能性について ー 」
  日本芸術療法学会誌 50(1), pp. 44-54, 2019.
「21世紀における英語劇の展開 ー 異なる文化的背景を持つ人々とともに生きるための英語 ー」
  清泉女子大学人文科学研究所紀要 (40), pp. 118-95, 2019.

翻訳 …
『小さな島とエヴァ』(原著:フィニーガン・クラッケメイヤー)
  共訳, 愛知県芸術劇場, 2018

社会的貢献・活動など

RIC PROJECT 高校コミュニケーション・ワークショップ 講師(但馬全域, 2021〜現在)
学術情報館×豊岡市立図書館「子どものための朗読劇 絵本の世界を旅しょう!」 企画・演出(豊岡市, 2022)
にほんご広場ハピタン「多文化理解ワークショップ」 講師(新温泉町, 2022)
豊岡劇場「ボストン市庁舎」上映後トーク 講師(豊岡市, 2022)

Villa Education Center 多文化共生プロジェクト 講師(豊島区, 2021〜現在)
愛知県芸術劇場×名古屋市文化振興事業団 劇場職員セミナー2022 講師(名古屋市, 2022)
名古屋国際センター 地域の国際化セミナー2022 講師(名古屋市, 2022)
パティオ池鯉鮒 アートDEコミュニケーション 講師(知立市, 2020〜現在)
りっかりっか*フェスタ シンポジウム「その魅力を知ろう! 公立劇場の児童青少年演劇」 企画(那覇市, 2022)

但馬の好きなところ・おすすめスポット

玄武洞公園、城崎温泉、城崎マリンワールド、出石神社、出石そば、植村直己冒険館、天滝、明延鉱山、別宮の棚田、樽見の大桜、竹田城跡、白井大町藤公園、あさご芸術の森美術館、大乗寺、香住海岸、シワガラの滝、兵庫県立但馬牧場公園、加藤文太郎記念図書館

UP