loading
読み込み中...

学内ポータル(学内のみ接続可)

教員紹介

千賀 喜史

講師

千賀 喜史

(SENGA YOSHIFUMI)

持続可能な開発(SDGs)や環境(Environment),社会(Social),ガバナンス(Governance)活動の頭文字をとったESG活動に関係する重要業績指標(Key Performance Indicator)を研究しています。 持続可能な開発目標(SDGs)やサステナブルといった言葉の広がりとともに、多くの企業がその取り組みを公表しています。一方で、企業のイメージ向上のみならず、企業にとって重要な経済活動を両立した活動が持続可能性な活動であることを実務で痛感しました。働きながらのMBA・博士取得を通して、理想論ではなく現実に即したSDGs達成に向けたESG活動の見える化を目指して教育と研究に邁進しています。

【経歴】 茨城県生まれ。立命館大学卒業後、会社員を継続しながら神戸大学MBAへ入学。その後、神戸大学大学院経営学研究科博士課程に進み博士号を取得。専門は管理会計。重要業績指標(KPI)を用いたサステナビリティ(sustainability)経営を実現するマネジメント方法の研究やSDGsのプロモーション等に従事している。 新卒から自働車部品メーカーに入社し10年間営業に従事。その後、スポーツ用品メーカーにてCorporate Social Responsibility(企業の社会的責任)の推進、広報宣伝部にてプロモーション業務、事業企画課にてスポーツ用品・スポーツプログラムのマーケティング業務に従事。2018年9月より公立短期大学にて経営学、経済学、ビジネス実務の講師として経験を積み、実務系教員として芸術文化観光専門職大学へ入職。教育職と並行して多数のサステナビリティ推進やP R業務のコンサルティング業務も兼任。実務と教育の両刀使い。

【受賞歴】 碩学舎優秀論文コンテスト 第6回碩学舎 第一席受賞 環境経営学会 平成30年度研究報告大会萌芽研究会 優秀賞受賞 他 表彰多数

【趣味】 空手(極真空手松井派)、テニス、アニメ鑑賞

【学生の皆さんへ】 そもそも「天職」は、英語でいうとCalling、和訳で「呼ばれている」という意味です。誰から呼ばれているかというと、私は「天が」「神が」あなたを呼んでいると考えています。天職に着くには、2つを大切にしてください。1つは、少しでも興味があれば手を伸ばすこと。もう1つは、仕事の先にお金以外の何かを感じることです。これを考え続けることで、きっとあなたの天職に出会うことができます。専門職大学で一緒に未来を考えて、自分の「トキメキ」を探しましょう。

SENGA-LAB.net

主な担当科目

事業創造入門、グローバルリーダー入門、組織マネジメント論、リスクマネジメント論、地域イノベーション実習

専門分野

企業の社会的責任、持続可能な開発目標、社会的責任投資、重要業績指標 (Key Performance Indicators)、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)

UP