学生ブログ

blog
第80回-①:学生BLOG【二人三記】「秋真っ只中」

もちっぺり

第80回-①:学生BLOG【二人三記】「秋真っ只中」

二人で書く芸観大生日記、二人三記です。

 

お久しぶりです、今回担当させていただくもちっぺりです。

 

もちっぺりまで打つと「もちっぺりん」という変換が1番上にくるのはなぜなのでしょう。

かわいい。ぺりん。

 

 

 

10月になりましたね。

今朝寮を出たら、秋の匂いがしました。

みなさんは季節の匂い、感じますか?

私はいつも匂いを感じて、「〇〇(季節)の匂いだ!」と声に出しているのですが、季節の匂いって、どこの土地でも同じようなものなのだなあと。私が地元で十数年感じてきた秋の匂いが、豊岡でも感じられました。この匂いを嗅ぐとあの場所を思い出す、なんていうのもあると思いますが…今私が話しているのは、「空気」の匂いです。空気の、季節の匂い。いやあ、秋でしたね今日は。

 

私は何の季節の匂いが好きかなあと考えた時、春が浮かびました。昨年の3月、部活帰りに春の匂いがして、それだけで嬉しかったのを覚えています。あれ、一昨年だったかな。

 

 

 

匂いについて話しすぎました。

さて、本日は

1.観光資源実習について

2.これまでの半年とこれからの半年

の2本立てでお送りします。

 

 

まず、観光資源実習についてです。

CATには実習がいくつもあります。その中で観光系の実習として、1回生は第2クォーターに観光資源実習がありました。

 

必修ではなく、1単位しか取れないため、コスパが悪いから取らなくてもいいかも…なんて先輩からのお声も何度か耳にしましたが、私個人の感想としては、行ってよかった!!!!!!です。

 

私は淡路島へ実習に行きました。昨年度の学生ブログでも淡路島に行った先輩が実習について書かれているため、あまり長々と書くつもりはありませんが、何がよかったのかだけお伝えさせてください。

 

その1、パソナグループの方々が温かすぎる!

淡路島では株式会社パソナの方々にお世話になりました。なぜそんなによくしてくださるんですか、と聞きたくなるほど(聞いたかもしれない)実習中に色んな体験をさせていただきました。毎日美味しい食事をいただき、観劇したり、隙間時間に予定になかった場所まで連れて行ってくださったり。

 

実習期間は5日間で、前日から着島し、6泊7日、淡路島に滞在しました。

最終日には成果発表としてこれからさらに淡路島を発展させるための提案をするのですが、4日目までに素晴らしい体験をしすぎてこれ以上何か提案できるものはあるのか?と、ともに淡路島に行った同期と悩みました。最終的には各々提案をすることができて一安心。同期のプレゼン資料や喋り方も勉強になりました。

 

 

その2、毎日海が見える!!開放的!!

毎日ホテルから海が見え、どこかに出かけるたびに海が見え…豊岡にも海はありますが、毎日は見えないですし、やはり島、開放感が気持ちよかったです。なにせ豊岡は山に囲まれているので。

夜は瀬戸内海を挟んで神戸の街がキラキラと光っていました。

その3、芸術文化と観光が合わさってる!すごい!

本当に、パソナグループの施設や社員さんの働き方から全身でそれを感じました。

 

 

あんまり魅力を書きすぎると、来年度の観光資源実習で淡路島に人が集中してしまう気がするのでこの辺で。

芸術って何だろうとか、自分は結局将来何をやりたいんだろうとか、色々考えることもないことはないですが、充実しすぎていたこの実習期間は、楽しくて学べて、将来について考えられて。本当に行ってよかったと思うのです。

 

 

今年度の観光資源実習は、淡路島のほかにキャンプ場やスノーケルセンター、水族館、コウノトリの郷公園などがありました。先日の実習報告会でそれぞれの場所に行った同期の発表を聞き、どこも楽しそうでした〜。

ちなみに全日程泊まり込みなのは、淡路島だけです。

CATを目指している方は、入学してからまた先輩に聞いてみると良いと思います。

ただ、観光資源実習の履修登録は4月後半なので、まだ聞く機会がない方もいるかも…。きっと同期の誰かから噂がまわってきます。大丈夫。

 

 

 

 

長いですが2つ目の話題に移りますね。

10月に入り、今年度は半年終わったということらしいです。はやーーーい。

みなさんはこの半年、どんな生活でしたか。

どのように過ごしてきたんでしょう。

私はやりたいことをやっていたら、さらっと半年が終わってしまいました。

 

そして昨年の私は、受験生とは思えないくらい、その場しのぎの行動ばかりしていました。

それはもう恐ろしいほどに。

受験のために授業外でやっていたのは、学生ブログを読むこと、豊岡演劇祭に行くこと、志望理由を頭の中だけで考えることくらいでした。

どれも自分が好きでやっているだけで、嫌なことはやらなかったのです。CATに行くしかない!って気持ちはあったんですがね。怖い怖い。

同じような方、このブログを読んでいるなかにもいらっしゃるのかな。

いやいや自分は頑張ってます!って方。大尊敬です。すごい。たまには一息ついてくださいね。

 

もしもこの半年、ちょっと頑張らなすぎたな、自分を甘やかしちゃったなって思う方はこっから頑張ればいいのです!心身を壊さない程度に。

やらなかった自分はダメ人間だと自暴自棄になったり、間に合わないと焦ったりするかもしれません。でもやってこなかったことに気がついたんだから、気がついた今から全力を出せば神は救ってくれます。きっと。

以上、怠惰な私のマインド紹介でした。

 

 

この半年のうちに、自分を律して、上を目指す気持ちを身につけておくと、きっとCATに入学してからも役に立ちます。

 

私は受験が終わった時、頑張りきれなかったことが悔しくて、周りのみんなに申し訳なくて、後悔しました。

そして今日、ある先生が授業中のワークが終わった後におっしゃっていたのです。

「あなたたちは甘やかされているよ、先生も地域の人も皆んな褒めてくれる。」と。文章にすると怖いですが、怒っているわけではないです。

私たちの行動について指摘したいことがあっても、最近大人はハラスメントなどによってそれを口に出しづらいと。だから自分の『できた』の基準が高くて、どうしたらもっと上にいけるかを分かっている人だけがどんどん上にいく、わからない人はそのままというお話でした。

そう、褒めてくれるのです。そんなに?と思ってしまうくらいに褒めてくれるのです。先生も、豊岡の方々も。その優しさに何度も助けられたのですが、この環境に甘えていてはまた、頑張りきらないまま何となく願いを叶えられる4年間を過ごして、社会に出てから現実を知ることになるのだと思います。

 

この大学に入る前に、頑張りきる力を身につけることは本当に大切だと思います。

でもどんな時も、自分の心身の健康を1番に守ってほしいです。健康管理も、入学前に身につけておいたほうがよいですしね。

人に頼るもよし、自分で考えるもよし、自分にあった方法で、健やかでいられるといいな。

 

 

あと半年。学校推薦型の入試まであと1ヶ月ちょっと。大丈夫。まだまだいけます。

 

 

 

長い文章を最後まで読んでいただきありがとうございました。

とにかく、淡路島楽しかった!ということ、あと半年こっから切り替えればいいのさ!ということをお伝えしたかったです。

 

 

次にお会いできるのは年明けになりそうです。

 

秋が旬の食べものをいただいたり、少しでも受験生生活のなかに楽しみがありますように。

 

 

 

ではまた〜

 

ブログ担当者:もちっぺり

受験生の方
資料請求
お問い合わせ